年収アップへの近道とは?

薬剤師求人 > 年収アップの秘訣

薬剤師求人-年収アップの秘訣

薬剤師の年収は高いのでしょうか、低いのでしょうか。色々な意見はありますが、「決して低くはないが、そこまで高くもない」というのが最も的を射た表現ではないでしょうか。
アルバイト薬剤師の求人について

正直、他の職業の方から見ると「うらやましい」という意見の方が多いのは間違いありません。しかし、薬剤師の業界内では、現状の収入に不満があるという方が多いのもまた事実なのです。 薬剤師として働く場所、というのはある程度限定されてきますが、勤務地や業態によって年収に差が出ることはありえます。

よく、「地方は年収が低い」という話がありますが、薬剤師に関してはあまりその説は当てになりません。調剤薬局等の場合は、むしろ地方の給与水準が高いくらいです。

勤務先の給料が安ければ転職をすればいい、と考える方もいるかもしれませんが、転職にも十分な準備が必要ですし、現在勤務している職場に迷惑を掛けるようなことがあっては元も子もありません。 それでは薬剤師として年収をアップするためにはどうすればよいのでしょうか。
一般社団法人 京都府薬剤師会

業態や勤務地を問わずに、最も重要なポイントは「薬剤師としてのスキルを向上させる」ということです。 自治体や官公庁はともかく、営利団体である以上は、利益を上げなければその団体の経営は成り立ちません。すなはち、そこに勤務するものは団体の利益向上に貢献すれば評価が高まる訳です。

薬剤師とてそれは同じことです。自分の能力が年収や将来的な昇進に大きな影響を与えます。自分には薬剤師として高いスキルがある、ということを常日頃からアピールできるようにしておきましょう。

特に薬剤師の業界は、新薬や新技術が次から次に誕生してくる世界です。常に最新の知識や技術を修得しなければ生き残れます。日々是勉強の姿勢で毎日を過ごすくらいの心構えが必要です。 その他には、他人とのコミュニケーション等のヒューマンスキルも非常に重要です。職業を問わず、対人間のやりとりに長けているということは、間違いなく高評価に繋がります。

また、薬剤師として、年収アップに拘りたい方は、役職や手当て等の、収入増に繋がる制度がある業態を選択するという考えもあります。例えばMR等の営業職は営業成績に応じた手当てが支給されますから、頑張り次第ではかなりの高収入を期待できます。