MRになる方法とは?

薬剤師求人 > MRをやってみた方が良い2つの理由

MRをやってみた方が良い2つの理由

昔はMRのことを<プロパー>と呼んでいた時代もありましたが医薬品情報担当者と言えばイメージが涌きやすいかもしれません。 ここでは、MRになる方法とやってみる方が良い2つの理由をお話します。

MRは医薬品の適正な使用を促進するという大切な役割があります。 ひとつは「医師」「歯科医師」「薬剤師」など医療に従事している人たちに自社の医薬品の情報を提供することです。 もうひとつは医療機関にセールスをすることで、それぞれの場所で利用された医薬品の「安全性」「有効性」「副作用」の情報を収集できることです。

――ではMRになるにはどうすればいいのでしょうか? まずは四年制大学を卒業して製薬会社に就職します。 入社後、6カ月から8カ月程度はMRになるために必要な教育を受講しなければなりません。

その教育研修課程を修了して認定を受けることができたらMR認定試験の資格が取得できます。 MR認定試験は6科目あって(1)疾病と治療(2)薬理学(3)薬剤学(4)医薬概論(5)PSM(製造販売後調査)(6)添付文章です。 薬剤師資格がある人は(1)(2)(3)が免除されます。

MR認定試験に合格した後、150時間の実務教育と6カ月の実務研修を終了すればMR認定証が交付されます。 MRの仕事はやってみる価値がありますが、その理由を2つご紹介します。

1番目は<会社のお金で社会人として必須である仕事のマナーや技術をマスターできる点>です。 製薬会社が新卒の薬剤師に投入する教育研修費用は莫大です。 それをペイするには数年間は必要だと言われるほど高額です。

営業のスキルは、どんな業種の仕事をしていても身につけておく必要がある必須のキャリアです。 「僕は病院薬剤師を目指しているから営業なんで意味がない」とか「薬剤師なのにセールスなんてできないよ!」と考えている人もいるでしょう。

でも本来の営業職は素晴らしい仕事です。 物を売る仕事ではなくて自分自身を売る仕事なのです。 クライアント様との信頼関係を構築し、その上で相手のニーズを掴んで納得いただく商品を販売するのです。

2番目は、<生涯年収が高い水準にあること>です。 大手製薬会社の場合は35歳で年収800万円です。 40歳で1000万円を超す場合もありますから魅力的だと思いませんか?

調剤薬局の場合は年収が600万円程度ですから如何に高水準か分かるでしょう。 退職金も合わせて考えると生涯賃金では1億円以上の差がでます。 この差はとても大きいと思います。