治験コーディネーターの仕事のやりがいとは?

薬剤師求人 > やりがいのある治験コーディネーター

やりがいのある治験コーディネーター

治験コーディネーターとは、患者さんに対して治験の内容説明を行ったり、患者さんの不安や精神的な負担を減らす役割があります。 患者さんのケアとサポートにあたることになり、良き相談相手として活躍できます。

新薬開発に携わる一員として、新薬を必要としている患者さんに貢献できるという素晴らしい魅力がある仕事です。 治験中は、医師・スタッフ・担当モニターの人達との連帯感が生まれ、やりがいを感じることができます。 また、治験終了後に、自分がコーディネートした治験によって薬が発売された時には、感動と達成感をを感じられることでしょう。

1番の喜びと言えば、治験に参加してくれた患者さんから「薬が効いたよ、参加してよかった!」と感謝されることだと思います。 このように治験コーディネーターは、沢山のやりがいを感じられる仕事だと言えます。

医師や他の医療従事者や、製薬会社のモニターなどと接する機会が多くあり、仕事をこなしていく中で、疾患や新薬の知識を得ることができます。 こうして、物事を広い視野で見るスキルが身についていくのです。

さて、治験コーディネーターになる為にはどうすればいいのでしょうか。 実は特別な資格は必要ありません。 ですが、実務において専門的な知識が必要となってきます。

臨床検査技師、看護師、薬剤師などの、医療系の資格や病院での診療経験がある人のように、医療系の知識や仕組みをわかっている人が治験コーディネーターの役割を担う場合が多いです。

例えば、治験コーディネーターという仕事はコミュニケーション能力が不可欠なので、看護師資格と経験のある人が最適だとされています。 そして、豊富な医療知識があり、患者さんの些細な変化にも敏感に気が付くことができるので、重宝されます。

薬剤師だと、薬剤の名称・用法・作用機序等の知識を持っている点で大変有利です。 新薬・治験についてもすぐに理解でき、薬剤部との調整で活躍できると期待されます。 臨床検査技師は、検査値についての知識があり、変動や異常があれば、すぐに医師へ報告できるという特徴があります。

治験コーディネーターの資格はないとはいえ、高い水準の知識が必要であることが伺えます。